研究業績

著書

  • 粟井和夫・檜垣徹(編著).CTにおける造影シミュレーション pCOPの基礎と臨床応用.医療科学社.2022/6/22.

論文

  • Kondo S, Nakamura Y, Higaki T, Nishihara T, Takizawa M, Shirai T, Fujimori M, Bito Y, Narita K, Sueoka T, Honda Y, Tani C, Awai K. Utility of wavelet denoising with geometry factor weighting for gadoxetic acid-enhanced hepatobiliary-phase magnetic resonance imaging. Magn Reson Med Sci. 2022; in press.
  • Masahiro Sakamoto, Kazufumi Kaneda, Bisser Raytchev. Spectral Super-Resolution Using CNN Decomposing a Color Image into Luminance and Chrominance Components. IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, Vol. 10, No. 1, pp. 28-36, 2022. online

解説

  • 檜垣徹.3年ぶりの現地参加を終えて/ITEM2022参加レポート.Rad Fan.2022; 20(6): 81-84.
  • 檜垣徹.CTに係わる最新のトレンドと動向.Rad Fan. 2022; 20(4): 26-30.
  • 檜垣徹.CTによる腹部画像診断の最新動向と未来への展望 > フォトンカウンティングCTの原理と技術・今後の展望.INNERVISION. 2022; 37(4): 10-13.
  • 檜垣徹.放射線科領域のデジタル機器の進歩 〜CT装置の進歩と様々なAI技術〜.広島歯科医学雑誌,2022; 47(1): 7-14.
  • 檜垣徹,中村優子,立神史稔,粟井和夫.造影シミュレーションを用いた造影剤投与設定.日獨医報. 2022; 66(1): 52-62.

国際学会

    研究会・ワークショップ・全国大会

      その他

      • 檜垣 徹.Deep Learning Reconstructionの画質特性と様々な応用.国立病院機構関東甲信越放射線技師会 キヤノン共催セミナー.2022.5.30-6.13. ondemand
      • 檜垣徹.自作ファントムを用いたさまざまな画質評価.日本放射線技術学会 中国四国支部 夏季学術大会 画像情報研究会.2022/7/3,広島.